高松支部連合会新年昼食会に公募予備自衛官を招聘

高松支部連合会 後藤 英機

高松支部連合会(会長:藤野稔)は、122()、栗林公園近くの「ルポール讃岐」において、新年祝賀昼食会を実施し、地方協力本部関係者含む会員34名が参加しました。本会は、3年前、連合会結成以来、高松地区4支部の交流行事として毎年実施しております
が、今年初めて、隊友会未加入の公募予備自衛官に案内をしたところ3名の予備自衛官が参加してくれました。自衛隊OBの会に初めて参加した若い彼等は、最初は緊張気味でしたが、お酒が入り、自己紹介終了頃には、年の差関係なく会に溶け込んでいました。

会は、予定の時間が過ぎ、テーブルを片付けられても「おしゃべりタイム」が続く盛況となりました。また、会食の間に、公募予備自衛官は、3名とも隊友会入会手続きを実施し、会終了時には、参会者全員の拍手で入会を歓迎しました。更に、今年の会場には、「香川の野鳥」と題しての写真展(高松北支部:森義彦)、趣味の陶芸展(高松南支部:池上明)を併せ実施して好評を博しました。

 終了直後から、会担当の元には、「来年もこの企画で」「来年が待ちどうしい。」等、早くも来年の新年会を望む声が多数寄せられております。